シンジ アスカ 結婚。 【真希波マリSS】シンジ「僕の恋愛相談に乗ってほしいんだ」アスカ「嫌」

第一話 碇シンジ18歳

シンジ アスカ 結婚

字は、相変わらず下手だけど。 そして……。 ひ、ひとくちあげるわっ。 よろしく」 レイはアスカの真似をして言葉を付け加え、そしてぺこりと頭を下げた。 その前で仁王立ちしているアスカ。

次の

シンジ「あ~ん…」 アスカ「あ~ん」【エヴァss/アニメss】

シンジ アスカ 結婚

まとめ アスカの性格は、単純にいえば 「勝ち気でプライドの高い女」と言えますが、それはアスカ自身の過去のつらい体験をひた隠しにするために、アスカ自身が身につけざるを得なかった「心を守る鎧」だったのです。 溶けちゃうじゃないのっ。 「OK。 はぁぁ・・・ 僕には、思考の自由も無いんだな・・・。 そんなアスカですが、シンジに魅かれて行く事を素直に認められない不器用さから、時おり見せる「デレ」がいちだんとかわいく見えるのです。 」 僕って、信用ないのかな・・・。 彼から出された報告書があまりにも支離滅裂すぎたため精神の疾患を疑われた。

次の

第一話 碇シンジ18歳

シンジ アスカ 結婚

こら~レイ、余所様のお家に入ったら言うことあるでしょ?」 「えっと・・・たのもー!」 「・・・違うから」 ダイニングの席に座り待つこと数分。 べつに、深い意味は無いよ。 「ちゃんと自分の舌で確かめてから食べさせなさいよ・・・」 かくしてシンジは匙を運ぶたびにアスカの口を付けた匙に一度口を付けてから食べさせるという事になったのである。 そしてテーブルに着くとシンジは食事を勧める。 満面の笑みを浮かべながら食べるシンジ。 後から考えると、この出逢い方というのは二人のその後の関係を暗示していたのかもしれない。

次の

エヴァンゲリオンss シンジ「結婚しよう」アスカ「はあ?」新世紀エヴァンゲリオン(SSアニメマニア)

シンジ アスカ 結婚

きっと軽く笑みを浮かべただけで照れ隠しに煙草に手を伸ばしていただけだろうと。 生後3ヶ月。 シンジが中二病をこじらせて、とにかく誰かに認めて欲しかった時、近くにいた女性たちは、一体どのように行動したのでしょうか? 1.葛城ミサトはシンジに大人の善悪を教えた 葛城ミサトは、NERVの中心的メンバーであり、ファーストチルドレンとしてエヴァのパイロットに選ばれたシンジの保護者的存在。 ミサトから父親に報告されてしまったら…。 子供が生まれても変わらないんだろうな・・・。 「裸にエプロンをさせるわ!!名付けて『夕飯食べたらもれなく私も食べなさいよ作戦』よ!」 「あんた自分の娘に何させようとしてくれやがるの!!」 シンジがアスカを待っていると聞き慣れた声が近づいてくる。

次の

「結婚式は誰のもの?」

シンジ アスカ 結婚

すると、見慣れた人影がある。 自分で、バラしてどうすんのよ。 その間、シンジは真っ赤になりながらも黙々と任務を遂行した。 「悪い、出てよ」 洗い物で手の離せないシンジが頼んだ。 いつかは告白しなきゃと思いながら。 33333HIT記念SSは…。

次の

【エヴァンゲリオン】アスカが男性ファンに好かれる4つの理由

シンジ アスカ 結婚

それを輸送船団に乗船中の彼が倒した。 「どうしたのレイ。 そして、そのハンカチを広げ、空を向けた顔に置いた。 「へぇ、名前教えてくれるんだ。 僕は、分からないところをアスカに聞きながら宿題を片付ける。

次の

【エヴァ・LAS】シンジ「結婚しよう」アスカ「はあ?」SS

シンジ アスカ 結婚

歩道に這いつくばっているシンジ。 できることなら変わりたいくらいです。 。 一線を越えてから4年も経つのに、自分から求めるのは恥ずかしくてできない初々しいアスカだった。 そういえば、綾波は・・・母さんの・・・。 痛いけど、いいものを見せてもらったと、シンジは思わず笑ってしまった。

次の

アスカはシンジをいつ好きになったのか真面目に考察してみた

シンジ アスカ 結婚

その映像は極秘だということでアスカは見ることができなかったのだが、 アメリカから輸送中の初号機を第六使徒が襲撃したのだ。 でも、小さな一年生の視界には到底届かなかったようだ。 「アンタ、それネルフの」 「あ、うん。 00001%くらい」 シンジ「もう諦めるって決めたから」 アスカ「10%くらい」 シンジ「さて、夕飯は鯵フライとサラダとおみそ汁と、あとなにか一品欲しいな」 アスカ「20%くらい」 シンジ「よし、鯵を南蛮漬けにしよう」 アスカ「だから待てって言ってんのよ」 シンジ「なんだよもう」 アスカ「プロポーズしてフラれて、よく普通に夕飯作れるわね」 シンジ「辛いことには慣れてるからね」 アスカ「今なら20%くらいは成功するかもね」 シンジ「アスカ結婚しよう」 アスカ「いやだかr」 シンジ「またフラれちゃったよペンペン。 「シンジ君・・・アスカに何したの?!シンジ君!!」 保護者として悲痛な叫びだった。 』 「じゃ、切るよ。 「いただきます」 「いただきます」 食事が終わるとアスカが渋めのお茶をいれた。

次の